保育園・学校等を対象とした団体体験プログラム

  1. SDGs目標番号

    目標4(質の高い教育をみんなに) 目標11(住み続けられるまちづくりを)

  2. 種別

    その他

  3. タイトル

    保育園・学校等を対象とした団体体験プログラム

  4. 氏名/団体名

    新潟市食育・花育センター (いくとぴあ食花運営グループ)

  5. 要旨

    いくとぴあ食花では、保育園、幼稚園、小・中学校、特別支援学校などの団体を対象として「団体体験プログラム集」を作成している。団体体験プログラム数は61あり、新潟市食育・花育センター(31)、新潟市こども創造センター(12)、新潟市動物ふれあいセンター(16)、新潟市食と花の交流センター(2)の施設ごとにまとめられている。2施設以上の団体体験プログラムを選択して実施する場合は、バスの助成を行っている。

  6. キーワード

    団体体験プログラム、保育園・学校等、バス助成

  7. 関連する地域

    新潟市及び全国

  8. 参考URL

    http://www.ikutopia.com/facilities/shokuhana/

  9. 備考

    団体体験プログラムは、平日のみ利用が可能であり、保育園・学校等の他に学童保育及び地域団体も対象にしている。また、新潟市食育・花育センターは食と花に関する内容、新潟市こども創造センターは陶芸・工作・絵画に関する内容、新潟市動物ふれあいセンターは餌やりや乳搾りなど動物とふれあう内容、新潟市食と花の交流センターはガーデンに関する内容など、各センターの特色を生かした団体体験プログラムとなっている。コロナ禍において、新潟市食育・花育センターでは、令和2年10月から『まあくんのとっても大切な朝ごはん』など6プログラムを選んで「出張プログラム」(要望のある保育園・幼稚園に出向いて団体体験プログラムを行う)を実施し、多くの園の要望に応えている。いくとぴあ食花については「いくとぴあ食花(特色ある4施設)」の項目を参照。いくとぴあ食花編『令和3年度・4年度版団体体験プログラム集』を参照のこと。

  10. 執筆者

    真柄 正幸 (新潟市食育・花育センター)